便利でお得なカードローン

カードローンを使って色々な借り方を試してみよう

カードローンとキャッシングの違いはほぼ無し

カードローンとキャッシング、どちらもお金を借りると言う行為、すなわち借金ですがいったいどこに違いがあるのか分からないと言う人も多いでしょう。その違いが分からないと言う人は実は間違いではないのです。

カードローンとキャッシングは、実は大きな違いはありません。厳密に言えば、無いと言うよりは亡くなったと言うのが正しいのです。そもそもはカードローンとキャッシングには区別がありました。カードローンは長期返済タイプ、キャッシングは一括返済タイプだったのです。

しかし、キャッシングが一括返済だけではなく、リボルディング払いにも対応するようになったため、その明確な違いと言うのがなくなってきたのです。そのため、現状ではどちらで借りても大きな違いはなくなってきています。多少の違いがあるとすれば、カードローンの方がキャッシングより大きな金額を借りる事ができ、また利息が若干安く済むと言うくらいのものです。

また、そのため審査基準はカードローンの方が若干厳しくなる傾向にあります。これがカードローンとキャッシングの違いです。あまり大きな違いはないので、借りやすい方で借りる、また金額の大小で借りると言うようにすると良いでしょう。

キャッシングをするならフリーローンへ

キャッシングをするなら、現在はフリーローンの業者から借りるのがおすすめです。理由としてはインターネットからすぐに申し込みができ、カード発行まで時間がかからないこと、そして来店せずともお金を借りることができるので、キャッシング会社に入るところを他人に見られる心配がないということです。

もしフリーローンを申し込むなら、大手業者を選ぶようにしましょう。金利面でしっかりしているだけではなく、やはり個人情報を教えるということは、その管理体制がしっかりしている業者でなければ安心できないということがあるからです。他人に自分の情報を預けるのですから、名も知られていない業者は避けるべきです。

現在はネット、特にパソコン以外にもスマホなどでも外出先からキャッシングの申請ができる業者が多いです。一昔前なら免許証をコピーして書類に貼り付けて郵送していたものも、写真を撮って画像ファイルとして業者に送ればそれで本人確認書類も提出できてしまいます。

気をつけるのは申し込み時間です。遅くても当日の15時ぐらいまでには申し込んでおきましょう。それを過ぎると翌日扱いになってしまうところも多いので、申し込みは早目に余裕を持って行いましょう。

複数のローンを一つにまとめることができる

複数の金融機関や業者から借入があるという倍に、それらの借入総額もしくは一部をより低金利なところで一本化するためのローンの事をおまとめローンと言います。メリットとしては、一本化することで、支払先が減りますので管理がしやすいということがあります。さらに、低金利なところへの借り換えを実現することによって、返済総額を減らすことが出来ます。

金利が低いということは、同じ金額を返済したとしても元本の返済を多くすることが出来るということになります。つまり、結果として完済までの期間を短縮することが出来ます。完済までの計画を立てることによって、今後の目標が立てやすくなるといったメリットもあるようです。

多くの銀行でこのような金融商品が用意されています。しかし、誰でも利用することが出来るというわけではありません。審査を受け、通過することが出来れば利用することが出来ます。審査において重要とされているのは、借入件数であるとされています。借入件数が多ければ多いほど審査に通りにくいとされています。

ですから、おまとめローンを申し込む際には出来るだけ借入件数を少なくすることが重要です。もし、審査に落ちてしまったら、すぐに他のところに申し込むのではなく、原因を追求し対処することが重要です。